近代作家による王朝物文学選(第1巻)―古代~中世の説話等にを素材にした物語(響林社文庫)Kindle版

外部ページURL

芥川龍之介、室生犀星、菊池寛、堀辰雄、神西清らの近代作家は、古代から中世にかけての様々な説話などをもとに、小説を書いています。それらの数々を「王朝物文学選」として集めてみました。
第1巻では、次の作品を収録しています。

姫たちばな(室生犀星)
玉章(室生犀星)
野に臥す者(室生犀星)
荻吹く歌(室生犀星)
花桐(室生犀星)
舌を噛み切った女 またはすて姫(室生犀星)
津の国人(室生犀星)
曠野(堀辰雄)
大力物語(菊池寛)
女強盗(菊池寛)
紫大納言(坂口安吾)

その他にも多くの作家・作品を取り扱っております。
AmazonのKindleにてご覧ください。

形式
電子書籍 電子書籍(リフロー型)
カテゴリー
青版 響林社文庫
著者
堀辰雄 室生屑星 神西清 芥川龍之介 菊池寛
題名
近代作家による王朝物文学選(第1巻)―古代~中世の説話等にを素材にした物語(響林社文庫)Kindle版
本体価格
¥160

作家別