島の秋 筑紫の秋 他13編-郷愁の作家吉田絃二郎作品選(1)(響林社文庫)Kindle版

外部ページURL

吉田絃二郎は、大正昭和期に一世を風靡した小説家、劇作家で、少年期を過ごした佐賀への郷愁や人生の哀感を抒情的筆致で描くなど、その作風は広く愛好されました。
「島の秋」は文学的地位を確立した名作で、島の鉱山に務めた親方夫婦とその弟子の清作とのしみじみとした気持ちの交流を描いています。「清作の妻」はその続編。「筑紫の秋」は「筑紫の秋よ、お前を想う時、私の胸は疼く」と故郷への郷愁が強く滲みだした随筆。「水と草と白い道」「太陽は地に」「八月の星座」「夏の山々」「上高地遊記」「時雨の夜」「蕗の薹」他を収録。

その他にも多くの作家・作品を取り扱っております。
AmazonのKindleにてご覧ください。

形式
電子書籍 電子書籍(リフロー型)
カテゴリー
青版 響林社文庫
著者
吉田絃二郎
題名
島の秋 筑紫の秋 他13編-郷愁の作家吉田絃二郎作品選(1)(響林社文庫)Kindle版
本体価格
¥200

作家別