【復刻版】矢田挿雲の「江戸から東京へ」第1巻―千代田区、中央区、文京区、台東区(響林社文庫)Kindle版

外部ページURL

【復刻版の原本】
この電子書籍は、以下の書籍の版面を複写し、シミ、ヤケ、活字のかすれ等をできるかぎり修正し、読みやすくした復刻版です(版面固定型)。
矢田挿雲「江戸から東京へ」第1巻(冬樹社 昭和33年10月10日発行)
※端末によって見え方が異なる場合があるほか、復刻版の版面イメージの確認のためにも、無料サンプルをダウンロードし、確認の上でご購入下さい。なるべく大画面のタブレット、パソコン等でご覧になることをお勧めします。

【解説】
『江戸から東京へ』は、1920年(大正9年)から1923年(大正12年)にかけて、当時 報知新聞社 社会部の部長を務めていた作家の 野村胡堂 に勧められて、全12巻からなる歴史読み物として『報知新聞』で連載され、好評を博した。都市化が進む東京の町を散策する内容で、地誌読み物の草分けとして名高い。
なお、矢田には、他にも代表作として、全12巻からなる時代劇『太閤記』がある。

その他にも多くの作家・作品を取り扱っております。
AmazonのKindleにてご覧ください。

形式
電子書籍 電子書籍(版面固定型)
カテゴリー
赤版(復刻版) 響林社文庫
著者
矢田挿雲
題名
【復刻版】矢田挿雲の「江戸から東京へ」第1巻―千代田区、中央区、文京区、台東区(響林社文庫)Kindle版
本体価格
¥180