【復刻版】柴田天馬「完訳 聊斎志異」第1巻(蒲松齢著)(響林社文庫)Kindle版

外部ページURL

【復刻版の原本】
 この電子書籍は、以下の書籍の版面を複写し、シミ、ヤケ、活字のかすれ等をできるかぎり修正し、読みやすくした復刻版です(版面固定型)。
 蒲松齢、柴田天馬訳「聊斎志異 第1巻」(角川文庫 昭和38年6月30日発行13版)
※端末によって見え方が異なる場合があるほか、復刻版の版面イメージの確認のためにも、無料サンプルをダウンロードし、確認の上でご購入下さい。なるべく大画面のタブレット、パソコン等でご覧になることをお勧めします(7~8.9インチ以上のもの)。

【解説】
「『聊齋志異』(りょうさいしい)は、中国の清代の短編小説集。作者は蒲松齢(1640-1715年)。 怪異文学の最高峰と言われる。
聊齋は作者の号および書斎の名であり、『聊齋志異』とは「聊齋が怪異を記す」の意味。内容は神仙、幽霊、妖狐等にまつわる怪異譚で、当時世間に口伝されていたものを収集して小説の形にまとめたものである。聊斎志異がいつ頃書かれたのかについて正確な所は分からないが、作者の没後約半世紀を経て刻本として上梓された。」(ウィキペディアより)
本書は、柴田天馬による完訳版で、全8巻。

【ご参考】
響林社文庫の目録は、響林社HPの左サイトの「響林社 kindle電子書籍」欄をご参照下さい。作家、テーマごとに整理しています。なお、各書籍欄で、「現在取扱いできません」との表示がされますが、実際にはKindleのショップで販売しています。また、ショッピングカートは使用できません。これらは、物販用のツールを目録用に使用しているためで、電子書籍には適用できないことによるものです。ご諒承下さい。

その他にも多くの作家・作品を取り扱っております。
AmazonのKindleにてご覧ください。

形式
電子書籍(リフロー版、固定版) 電子書籍(版面固定型)
カテゴリー
赤版(復刻固定型) 響林社文庫
著者
柴田天馬
題名
【復刻版】柴田天馬「完訳 聊斎志異」第1巻(蒲松齢著)(響林社文庫)Kindle版
本体価格
¥180

作家別