【大活字本】和辻哲郎「古寺巡礼」

外部ページURL

大正7年の5月に、20代後半の和辻は、友人たちとともに、唐招提寺・薬師寺・法隆寺・中宮寺など奈良とその周辺の寺々を巡り、法華寺十一面観音や、薬師寺吉祥天女、百済観音、法隆寺金堂壁画など、飛鳥・奈良の古建築・古美術に感動して、その印象を情熱をこめて書きとめた。
それを大正8年に出版したが、情熱が滲み出た筆致を自ら恥ずかしく思うようになり、戦後直後に全集として出版されるに当たり、改訂版を収録した。

本書は、その改訂版を収録している(岩波文庫版が底本)。
戦時中、戦地に赴く前に、本書を手に奈良を巡った人もある由。

URL
https://www.amazon.co.jp/dp/4907365357/
形式
大活字本
カテゴリー
響林社の大活字本シリーズ
著者
和辻哲郎
ジャンル
随筆
ISBN
4907365357
ページ数
410ページ
本体価格
2,800円
発刊時期
2016年3月

当サイトに掲載の書籍は取り扱い作品の一部となります。

響林社では様々な作家や作品をお取り扱いしております

ので、お目当ての作品が見つからない場合は、

『書籍一覧検索サイト』をご活用ください。

作家別