【大活字本】萩原朔太郎・正岡子規「郷愁の詩人与謝蕪村/俳人蕪村」

外部ページURL

与謝蕪村は、芭蕉、一茶と並ぶ代表的俳人で、俳画の創始者でもあります。
蕪村は芭蕉以降、次第に独創性を失った当時の俳諧を憂え、写実的で絵画的な俳諧を確立しました。
近代になり再評価されたのは、正岡子規によるもので、新聞『日本』の記者だった子規は、芭蕉の神格化を否定し、蕪村を高く評価する連載記事を掲載し、大きな反響を呼びました。それが『俳人蕪村』です。
萩原朔太郎も、蕪村に傾斜し、蕪村評論として名高い『郷愁の詩人 与謝蕪村』を書いています。
後世に影響を与えたこの2編と、朔太郎による随筆「冬の情緒」を収録しています。

URL
https://www.amazon.co.jp/dp/4906871941/
形式
大活字本
カテゴリー
響林社の大活字本シリーズ
著者
正岡子規 萩原朔太郎
ジャンル
評論 随筆
ISBN
4906871941
ページ数
406ページ
本体価格
2,000円
発刊時期
2016年3月

当サイトに掲載の書籍は取り扱い作品の一部となります。

響林社では様々な作家や作品をお取り扱いしております

ので、お目当ての作品が見つからない場合は、

『書籍一覧検索サイト』をご活用ください。

作家別