【大活字本】夏目漱石「吾輩は猫である(下)」

外部ページURL

下巻には第11話を収録。

寒月は珠磨をやめ、故郷で結婚した。独仙、苦沙弥、寒月、東風らによる夫婦論、女性論。
来客が帰ったあと、吾輩は飲み残しのビールに酩酊し、水甕のなかに転落して水死する。(参照:ウィキペディア)

URL
https://www.amazon.co.jp/dp/490736542X/
形式
大活字本
カテゴリー
響林社の大活字本シリーズ
著者
夏目漱石
ジャンル
小説
ISBN-13
978-4907365424
ページ数
258ページ
本体価格
2,000円
発刊時期
2016年3月

当サイトに掲載の書籍は取り扱い作品の一部となります。

響林社では様々な作家や作品をお取り扱いしております

ので、お目当ての作品が見つからない場合は、

『書籍一覧検索サイト』をご活用ください。

作家別