【大活字本】文士達がみた「東京の昔」第1集-文士7人による9編

外部ページURL

明治、大正、昭和初期にかけての東京の街や世相に関する文士達の見聞録や随筆を集めてみました。大正12年(1923年)の関東大震災の前後で様子が変わりますが、江戸情緒を残しているところも少なくありません。
第1集の収録作品は、丸の内(高浜虚子)/日本橋付近(田山花袋)/本所両国(芥川龍之介)/芝、麻布(小山内薫)/四谷、赤坂(宮島資夫)/早稲田神楽坂(加能作次郎)/東京に生まれて(芥川龍之介)/東京に生まれて(長谷川時雨)/日本橋あたり(長谷川時雨)。

URL
https://www.amazon.co.jp/dp/4907365756/
形式
大活字本
カテゴリー
響林社の大活字本シリーズ
著者
加能作次郎 宮島資夫 小山内薫 田山花袋 芥川龍之介 長谷川時雨 高浜虚子
ジャンル
伝記・回想 随筆
ISBN
4907365756
ページ数
356ページ
本体価格
2,500円
発刊時期
2016年3月

当サイトに掲載の書籍は取り扱い作品の一部となります。

響林社では様々な作家や作品をお取り扱いしております

ので、お目当ての作品が見つからない場合は、

『書籍一覧検索サイト』をご活用ください。

作家別