【大活字本】室生犀星「幼年時代、性に目覚める頃、ある少女の死まで」

外部ページURL

「ふるさとは遠きにありて思ふもの」の詩で著名な室生犀星の自伝的作品三部作をまとめてみました。大正八年に中央公論に発表したもので、犀星の作家としての活動が定着する契機となった作品群です。
犀星は、生まれ育ちが複雑で、私生児として生まれ、間もなく近くの寺に引き取られて育てられました。金沢の犀川のほとりで育ち、この川の風情と、上流に見える山々の景色とをことの外愛しました。自伝的三部作では幼年時代から、性に目覚めた思春期、2人の少女との交流と別れが描かれています。

URL
https://www.amazon.co.jp/dp/4907365365/
形式
大活字本
カテゴリー
響林社の大活字本シリーズ
著者
室生屑星
ジャンル
小説
ISBN
4907365365
ページ数
398ページ
本体価格
2,700円
発刊時期
2016年3月

作家別