【大活字本】吉川英治「私本太平記」第4巻―帝獄帖

外部ページURL

鎌倉幕府滅亡から南北朝時代を描く軍記物語「太平記」を素材に、吉川英治が再構成した国民的大河文学。尊氏の若き日から鎌倉幕府の倒壊、建武の新政から南北朝の分立を経て湊川の戦いがクライマックスとなる。

第四巻は、赤坂城に孤立する楠正成の苦悩を描く「帝獄帖」。

URL
https://www.amazon.co.jp/dp/4907365616/
形式
大活字本
カテゴリー
響林社の大活字本シリーズ
著者
吉川英治
ジャンル
小説 歴史小説
ISBN
4907365616
ページ数
412ページ
本体価格
2,800円
発刊時期
2016年3月

当サイトに掲載の書籍は取り扱い作品の一部となります。

響林社では様々な作家や作品をお取り扱いしております

ので、お目当ての作品が見つからない場合は、

『書籍一覧検索サイト』をご活用ください。

作家別