【大活字本】ほのぼの太宰治-幸せ感がにじみ出る6編

外部ページURL

太宰治作品の中から、ほのぼのとした雰囲気を醸し出しているものをまとめました。

甲府の温泉で遭遇した少女を描く「美少女」、夫の結核治療が終わる夫人の喜びをコミカルに描く「満願」、義兄夫婦とのやりとりが楽しい「雪の夜の話」、顔にできものができた少女の心の乱れを描く「皮膚と心」、女生徒の一人称で日常を語る「女生徒」、初秋に十国峠に滞在した時のことを描いた名作「富嶽百景」。
太宰治が結婚して安定した時期のものが多くを占めます。

URL
https://www.amazon.co.jp/dp/490687181X/
形式
大活字本
カテゴリー
響林社の大活字本シリーズ
著者
太宰治
ジャンル
小説
ISBN-13
978-4906871810
ページ数
216ページ
本体価格
1,800円
発刊時期
2016年1月

当サイトに掲載の書籍は取り扱い作品の一部となります。

響林社では様々な作家や作品をお取り扱いしております

ので、お目当ての作品が見つからない場合は、

『書籍一覧検索サイト』をご活用ください。

作家別