【大活字本】夏目漱石先生の思い出(上)―文士7人による12編

外部ページURL

夏目漱石の人物論については、鏡子夫人による『漱石の思い出』や、弟子の小宮豊隆による『夏目漱石』がよく知られています。
本書では、文士たちが漱石の思い出を述べた作品12編をまとめてみました。
寒月君のモデルの寺田寅彦、『吾輩は猫』を世に出した俳人の高浜虚子、漱石が英国留学後一高講師に推薦した校長の狩野亨吉、漱石山房に出入りした和辻哲郎や芥川龍之介、英国で共に学んだ土井晩翠の回想など、多彩な内容です。
小宮とともに格別の関係の弟子だった森田草平の『夏目漱石』(下巻に収録)は漱石を身近に感じさせます。

URL
https://www.amazon.co.jp/dp/4907365349/
形式
大活字本
カテゴリー
響林社の大活字本シリーズ
著者
夏目漱石
ジャンル
小説
ISBN-13
978-4907365349
ページ数
266ページ
本体価格
2,400円
発刊時期
2016年3月

作家別